« アメトークのDVDが欲しぃ~ | トップページ | 遠ければ 遠いほど あざやかな ●の色 ~コブクロ「●」より~ »

トレイン アクシデント

Tです。第二回目の登場となりました。

本日は、M本人志の番組にちなんで、「ゆるせない話」をさせていただきます。

先日、電車に乗ってた時の話です。

私は駅で降りようと思って、ドアの前に立っていました。

キキキ、プシュー(電車が止まった効果音)

駅で電車は止まりました。

「さ~降りよう」と思った時ですよ!

おばさま4人組みがドアの反対側(ホーム側)で待ち構えているでは

あ~りませんか。まるで獲物を狙うかのような目をして・・・(ここでの獲物は座席ですが)

ドア開いた瞬間、私と狩人・・・いやおばさま方との接触がすさまじかったことは

言うまでもありません。

私はその勢いにのみこまれ、さらにさらに奥へとおしこまれてしまいました。

それでもなんとかドアが閉まるギリギリでなんとか降りることができました。

振り返ると、全席確保というミッションを果たしたおば様方は、その酔いに知れたかのような笑みを浮かべていました。

私が男だったから良かったですが、か弱い女性であったら転倒してたかもしれません。

私は忘れません、席を獲るためのパワー、スピード、そして執念を。

私は言いたい。「車内では席を譲りましょう」だけでなく

「降りる人のスペースをつくりましょう」ということを。

あんま・マッサージ・指圧専門学生の方、

体験施術が受けられます!

あくあ治療院 http://www.aqua-massage.jp

|
|

« アメトークのDVDが欲しぃ~ | トップページ | 遠ければ 遠いほど あざやかな ●の色 ~コブクロ「●」より~ »

「心と体」カテゴリの記事

「治療院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメトークのDVDが欲しぃ~ | トップページ | 遠ければ 遠いほど あざやかな ●の色 ~コブクロ「●」より~ »